PROFILE

南條由起 YUKI NANJO/ Violinist   DipRAM

ヴァイオリニスト,
ワークショップデザイナー,  音楽ファシリテーター,
介護予防健康アドバイザー, ポジティブ心理学実践インストラクター(R)


東京藝術大学音楽学部附属音楽高校、同大学器楽科卒、同大学大学院修士課程修了。英国王立音楽院大学院修了、最高位のDiploma of Royal Academy of Music (DipRAM)の称号を授与される。Rowsby Woof Scholarship、Benjamin Dale Awardを受賞。
在学中コリン・デイヴィス指揮のもとコンサートマスターを務めた。ロンドン交響楽団のストリングスキームに選抜され演奏会に出演し研鑓を積む。東京アンサンブルメンバーとして、国内外のコンサートに出演。

かながわ音楽コンクール第1位、県知事賞、神奈川新聞社賞、ヤマハ賞。全日本学生音楽コンクール、日本クラシック音楽コンクール、かわさき新人オーディション他多数受賞。神奈川フィルハーモニー管弦楽団他と協奏曲を共演。
「世界一大きな絵2015広島被爆70周年」において、津波ヴァイオリンを用いて独奏。

ソロをはじめ、ストリングスリーダー、オーケストラのゲスト首席奏者として、様々なジャンルのコンサート、ライブに多数出演、レコーディングなどの演奏活動を行う。また、ワークショップデザイナー(青山学院大学プログラム修了認定)、音楽ファシリテーターとして、音楽イベント企画、東京芸大公開講座(ムジタンツ)他、教育プログラムにもたずさわる。東京芸術大学「芸術情報概論(苅宿俊文先生担当授業)」にてゲスト講師として登壇。足立区大学連携ワークショップ、桐蔭学園トランジションセンターオンライン講座に講師として出演。

「芸術を社会に活かす」をテーマに、他分野とのコラボレーションを積極的に行い、ワークショップ研究開発・実践を通して社会課題の解決貢献を目指す。英国ドレイクミュージック、ボーンマス交響楽団の社会包摂プログラムに参加し実践を積む。駿台音楽院講師。Music & Arts Garden主宰。英国エルガー協会(The Elgar Society)会員。日本音楽教育学会 (JMES) 正会員。

2020年春、スペインの音楽家からの招待により、世界の58人の音楽家がCOVID-19の影響を受けた人々とケアをしてくださる専門家を称え、リモート演奏収録をするチャリティープロジェクトに参加した。(詳細は、https://yukinanjo.com/violinist/1247)


東京藝術大学大学院修士課程論文・演奏テーマ/ E.エルガー《ヴァイオリン協奏曲》ロ短調 作品61 研究


Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017-2020